宮本産業株式会社

こだわりの家づくり

私たちが目指す家づくり、それは「家族を守る、強固な住宅」です。
1.日本の風土に最も適した住まいは、やはり木造建築であると私たちは考えます

やわらかい色合いやぬくもりのある木肌、優れた断熱性や耐久性、そして高い吸湿性・・・木には他の建材にはない、自然素材だけが持つさまざまな優れた特性を持っています。
だから私たちは「木」を選びました。

木は鉄よりも強い!?/木は自然のエアコン/高い断熱効果を発揮/木は健康にもいい
2.「住宅性能評価制度」に基づいて設計・施工。徹底した品質管理を行っています

住宅性能評価書とは、工法、構造、施工会社などに関わらず、統一の基準で客観的に住宅の性能を評価、表示するものです。
新築住宅の場合、評価ポイントは10分野。
設計段階、工事段階で国の指定を受けた評価機関によるチェックが行われ、その評価を受けて「住宅性能評価書」が発行されます。

住宅性能評価制度による評価ポイント(10分野)

例えば「GREEN GARDEN赤井」では、住宅の性能を客観的に評価するものとして、この住宅性能評価を受けています。
しかしすべての分野で評価を受けると大きなコスト高になってしまうので、特に住宅の基本性能とも言える「構造の安定」と「劣化の軽減」の分野で評価を受けています。

「構造の安定」の評価基準/「劣化の軽減」の評価基準
設計性能技能 建設性能技能 ハウスプラス住宅保証株式会社

このように私たちが建築する住宅は、「住宅性能評価制度」に基づいて設計施工。
だから安心して長く住んでいただくことができます。

main_wrapper_bottom